正規品バンドTシャツ通販専門店です。

PRINCE/プリンス

< 前のページ
次のページ >
8件 [ 1-8 ]
【PRINCE/プリンス】

アメリカ出身のミュージシャン。1958年に ミネソタ州に生まれる。ジャズミュージシャンであった両親の影響で幼少期から音楽に傾倒する。中でも、ジェームス・ブラウンのスタイルに絶大な影響を受けて育つことになる。その音楽の才能は若いころから花が開き、1997年に19歳という若さで大手レーベル「ワーナー・ブラザース」を契約を結ぶ。そして、1978年に1stアルバム「For You」でメジャーデビューを果たす。本アルバムは商業的な成功には至らなかったが、収録曲「Soft and Wet」はR&Bシーンで称賛を持って受け入れられた。翌1979年の2ndアルバム「Prince」(邦題:愛のペガサス)の収録曲「I Wanna Be Your Lover」のシングルカットが全米チャートで11位を獲得し、瞬く間に知名度が広がることになる。

1982年の5thアルバム「1999」で人気が爆発。全米で400万枚を超えるセールスを記録し、マイケル・ジャクソンと並ぶ黒人アーティストとして、認知されるようになる。さらに、1984年には自伝的映画「Purple Rain」では主演を務め、映画界にも活動の幅を広げていく。 また、本作と同名のサウンドトラックは第57回アカデミー賞を受賞し、黄金期を迎える。

1989年には映画「バットマン」へサウンドトラックを提供、また日本においても小比類巻かほるに楽曲プロデュースを行うなど、数々の功績を残していくが、1990年代に入ると作品の制作を巡り「ワーナー・ブラザース」との関係が悪化。結果、1993年には自身が設立したインディーズ・レーベルで活動することになり、「Prince」という名前も失うことになる。そのような状況下においても、アルバム制作やライブ活動を精力的に行い、変わらない存在感を発揮する。

2000年には「ワーナー・ブラザース」から出版権を取り戻し、「Price」としての活動を再開。2001年にはスタジオアルバム「The Rainbow Children」をリリース。同年にはロックの殿堂入りを果たし、第47回グラミー賞でも2部門を受賞するなど、「Price」として完全に返り咲く。その後もその人気は一切衰えることなく、数えきれないヒット作や賞を受賞するも、2016年に57歳の生涯を閉じることになる。これまでの作品のセールスは1億3000万枚以上を凌ぎ、現在においても数多くのアーティストに影響を与え続けている。