正規品バンドTシャツ、アメコミTシャツ、映画Tシャツの専門店です。

RINGO STARR/リンゴ・スター

< 前のページ
次のページ >
2件 [ 1-2 ]
【RINGO STARR/リンゴ・スター】

イギリス出身のミュージシャン。伝説のロックバンド「The Beatles」のドラムを務めたことでも有名。1940年にリヴァプールで生まれる。小学生の頃からドラムに興味を持ち始め、バンド経験も積んでいる。社会に出た後も、夜のダンスパーティなどでドラムを演奏し、着実に腕を磨いていった。そして、当時のThe Beatlesと運命的な出会いを果たし、加入をすることになる。

1962年にThe Beatlesは1stアルバム「Please Please Me」でデビュー。ロックバンドとして成功の道を歩んでいく。リンゴスターのドラムはバンドのサウンドの土台として機能し、技巧派のポール・マッカートニー(Ba)と並び、高評価を得た。また、その人徳の高さもバンド内外関わらず知られており、The Beatlesの活動に無くてはならない、影の立役者と称されることも多い。しかし、1970年にThe Beatlesはポール・マッカートニー(Ba)の脱退が決定的となり解散。以後、ソロ活動がスタートすることになる。

1970年に1stアルバム「Sentimental Journey」、2ndアルバム「Beaucoups of Blues」を立て続けにリリースし、精力的な活動を見せる。さらに、シングル「It don't come easy」(邦題:明日への願い)を初めとするヒット作を量産し、ソロミュージシャンとしての力を世に知らしめた。また、The Beatlesの元メンバー、ジョージ・ハリスン(Gt)と共同制作で「Photograph」(邦題:思い出のフォトグラフ)や「You're Sixteen」を発表。バンド解散後も有効な関係を見せる。

1976年には映画「Caveman」(邦題:おかしなおかしな石器人)で主演に大抜擢され、俳優業の道も歩み始める。この映画の出演をきっかけに、女優バーバラ・バックと再婚。以後、ミュージシャンとしても役者としても数々の功績を残していく。2015年にはロックの殿堂入りを果たし、音楽雑誌「レコード・コレクターズ」では「20世紀のベスト・ドラマー」で第2位にランキングするなど、現在においても絶大な支持を受け続けている。